どうやって使うの?初心者向けForex Tester の練習(検証)の方法とは

 

スポンサー

この記事を書いている人 - WRITER -
約20年間、某パソコンメーカーの保守員として働いてきたノウハウを生かして、ブログで電化製品のお悩みや旅行関連の情報をお届けいたします。このブログのコンセプトは今の暮らしを一工夫でアップグレードする情報をできるだけ多くの方に知っていただきたいと思っています。
オラ太郎
ゴリ夫・・・FXをやる上で検証ってどうやるんだ?

 

私(おかもと)もオラ太郎が言うように、このFXの検証という言葉にとても長く長く悩まされてきました

FXの検証は、MT4裁量トレード練習君やForex Testerのような検証ツールを使うとよいと言われたり、MT4があればよいと言われたり・・・

当時の私は、この二つのソフトを購入すればFXに勝てると勘違いして、即買いをしたことがあります。

しかし実際は、これらのソフトの使い方が分からずそのままお蔵入りしてしまいました。

 

ゴリ夫
FXの過去検証には、検証ソフトを使うんやな・・・
オラ太郎
それってパソコンでやるのか?それともスマホか?
ゴリ夫
検証ソフトはいろいろあるで!!

MT4裁量トレード練習君やForex Testerのようなパソコンでやるものあるし、スマホでもできていたTrade Interceptor(トレードインターセプター) のもある

※Trade Interceptorアプリ(現Think Trader)ではスマートフォンでの過去検証はできません。

オラ太郎
ゴリ夫は何を使っているんだ?
ゴリ夫
わしはForex Testerをツコウとる
オラ太郎
Forex Testerの方がいいのか?
ゴリ夫
そうやな・・・

MT4裁量トレード練習君はMT4ベースで作られているけど、使い勝手が悪いんやな・・・

Forex Testerの方が使い勝手がエエと思うで

オラ太郎
じゃゴリ夫!そのForex Tester説明してくれよ!!
ゴリ夫
高いで!!
オラ太郎
えっ? ガビーン

 

FXで勝つには、検証しかない検証をするんだという強い決意で、MT4裁量トレード練習君ではなくForex Testerを使いはじめました。

このページでは、私のような苦い経験をしてほしくないということで、Forex Testerの使い方と検証(練習)方法を説明していきたいと思います。

 

Forex Testerにはバージョンがある

Forex Testerにはバージョンがあります。

私が初めに購入したのは、Forex Tester2でした。

それからしばらくしてForex Tester3が発売され、この記事を作成している現時点ではForex Tester4が発売されています。

オラ太郎
どれをつかえばいんんだ?
ゴリ夫
そりゃ新しいのを使った方がええと思うで

しかしForex Tester3が手元にある場合は、無理にForex Tester4を購入せんでもええと思う

オラ太郎
Forex Tester2でもいいのか?
ゴリ夫
その場合は、さすがに4にバージョンアップした方がええやろうな

ゴリ夫の言うようにForex Tester2をお持ちの方は、4にバージョンアップした方がオススメです。

 

どのようにForex Tester3または4で検証していくのか?

ここからはFXの戦略を組み立てる上で重要になってきます。

移動平均線やボリンジャーバンド、MACDなどのインジケーターを組み合わせて、チャートを見ていく方法や・・・

そして水平線やトレンドなどのラインを使ってトレード戦略を組み立てていく方法もあります。

他にも様々な手法があります。

オラ太郎
どれがいんだ?
ゴリ夫
これは人によっていろいろな意見があるところやな

だから迷う!!

オラ太郎
だから何がいんだよ?
ゴリ夫
わしは、水平線やトレンドラインをツコウてトレードしとる

今回はそのやり方をレクチャーするわな

オラ太郎
お願いするよ!!
ゴリ夫
高いで!
オラ太郎
俺、カネねぇんだよ!!

 

どういう流れで検証していくのか

まずはどのようにして、検証していくのかを下記のようにまとめました。

オラ太郎
率直な疑問なんだが、出来上がったチャートをみて、それを元にしてForex Testerで再現していくんだろ?

なんだか答えを見て問題集を解いているような感じがするのだが・・・

ゴリ夫
確かにそうやで!わしがここで教えとるんは答えを見て問題を解くやり方と似てるかもしれん
オラ太郎
やっぱりそうだよな!!意味ないじゃん!!
ゴリ夫
しかしなぁオラ太郎 FX初心者の方々が、いきなり答えを見ずにチャート分析をしてトレードしていく方がよっぽどハードルが高いと思うで
ゴリ夫
・・・例えて言うならば、わしら自転車の練習をするときに補助としてコマ付き自転車で練習してたやろ

そのことと似ているのかもしれへんな

オラ太郎
なるほどな!

 

ここで私(おかもと)の体験

私は過去、たくさんの手法をインターネットまたは書籍、FXスクールなどで手に入れてきました。

その手法をForex Testerで再現して練習してきましたが、結局一つの手法すらマスターすることができませんでした。

理由としては出来上がったチャートと、出来上がる前の動いているチャートの景色が違うからです。

インターネットまたは書籍などでは、出来上がったチャートで説明します。(当然そういう説明になります)

問題は””出来上がったチャート説明された手法を、どのようにチャートの未来側で活かすことができるのか?””です。

例えばサポレジを用いて同じエントリー個所で仕掛けようと考えても、チャート形状が毎回異なるのでエントリーを仕掛けることができなかったり、または違うところでエントリーをしてしまいます。

私は毎回そういう経験してしまっていたので、Forex Testerを使うことが嫌になってしまい、結局宝の持ち腐れとなってしまっていました。

 

MT4でチャート形状を確認する

まずはMT4で、テクニカル分析でやってみたいと思うものを一つだけ選びます。

ゴリ夫
この一つだけって言うのがキモなんやな!

例えば、トレンドを追うサポレジ転換を狙った順張り手法を選ぶとします。

これをMT4の過去チャートで探します。

ゴリ夫
まずはMT4を立ち上げるで!!

ゴリ夫
ここがポイント!!

できるだけ分かりやすいところを探すんやな

 

MT4のチャート表示を見やすくする

チャートを見やすくするために、画面の色を変えていきます。

ゴリ夫
MT4のチャート画面上で右クリックをするんや

右クリックをすると下記の表示なります。

そこでプロパティをクリックします。

すると下記のとおり画面の配色設定ができます。

因みに私おかもとはこのような配色にしています。

ゴリ夫
ここは好みにもよるから好きな色にした方がええで!!

その後、全般タブをクリックしてローソク足を選択して、期間区切りとグリッドの表示のチェックを外します。

オラ太郎
このようにしないといけないのか?
ゴリ夫
ここも好みにもよるから、必ずこのようにしないといけないということはないんやな

肝心なのは、見やすさなんや

オラ太郎
見やすさ?
ゴリ夫
わしはグリッド表示または期間区切り線を外した方が、見やすいと思うんやな

ゴリ夫
どや!!

見やすうなったやろ!!

オラ太郎
まぁよく分からないけど・・・

チャート表示を保存する

次にこの表示を保存します。

オラ太郎
何で保存するんだ?
ゴリ夫
また異なる通貨ペアのチャート画面を表示させると、デフォルトの真っ黒画面に戻るんやな

そうなるとまた一から配色設定をしたりせなアカンのや

チャート画面で右クリックをします。

定型チャート→定型として保存をクリックをします。

その後、好きな名前を付けて保存をします。

オラ太郎
名前は何でもいいのか?
ゴリ夫
分かりやすい名前の方がええな

わしやったら ゴリ夫チャート という風につけとる

オラ太郎
ホントか??
ゴリ夫
ホンマやっちゅうねん!!

 

今回の手法である”サポレジ転換”されている個所を探す

次に今回紹介する手法である”サポレジ転換でエントリー”を狙う為、チャート上でサポレジ転換されている個所を探します。

オラ太郎
サポレジ転換でなんだ?
ゴリ夫
サポートラインがレジスタンスラインになったということなんや

このことをサポレジ転換っていうんや

ゴリ夫
日本語で言えば、支持(サポート)と抵抗(レジスタンス)やな
オラ太郎
しかし、この図だとレジサポ転換でもいいんじゃないか?
ゴリ夫
・・・そっ、そうやな

お前するどいな!!

次に、エントリーポイントを探します。

この場合、赤〇の部分でエントリーすることができます。

探し当てたら、そのチャートの期間を調べます。

ゴリ夫
MT4の期間はチャートの下にあるで

 

 

Forex Testerでそのチャート形状を再現する

期間が分かれば、その期間をForex Testerで再現していきます。

ゴリ夫
これから本題やな

Forex Testerをツコウていくで!!

Forex Testerを立ち上げます。

次にデータセンターをクリックします。

データセンターからヒストリカルデータを取り込む

データセンターをクリックします。

※注意 この操作はForex Tester3または4の操作になります。

今回はUSDJPYでトレード練習をしているので、USDJPYにチェックを入れます。

その後、サーバーからアップデートをクリックします。

一部の過去データをダウンロードにラジオボタンを入れます。

カレンダーを表示させて、開始期間をMT4でサポレジ転換されていた期間の約2年前に設定する

オラ太郎
なぜ2年前に設定するんだ?
ゴリ夫
ただMT4で調べた期間をここで設定するのであれば、テスト開始をするとチャート画面が表示されていない状態から始まってしまうんやな

オラ太郎
別にそれでいいんじゃないか?
ゴリ夫
わしらトレーダーは左側のチャート推移から右側の未来側を予測せんとあかんのやな

だから左側のチャートは表示させておきたいんやな

オラ太郎
別に1年前でも3年前でもいいんじゃないか?
ゴリ夫
別に2年前に設定せんでもええで

ただし1か月前とか半年前はやめといた方がええと思うで

期間を確認します。

その後、アップデートをクリックします。

 

オラ太郎
終了期間は設定しなくていいのか?
ゴリ夫
別にしてもええで

しかしその場合は、サポレジ転換されている期間中に終了設定するとまずいけどな

ダウンロードが開始されます。

パソコンに下記のデータが取り込まれることを確認します。

その後、閉じるをクリックします。

新規プロジェクトを作成する

ゴリ夫
いよいよ検証スタートするで

オラ太郎 準備はええか!!

オラ太郎
ゴリ夫 やけにテンション上がっているな!!

新規プロジェクトをクリックします。

分かりやすい名前を付けます。

次へをクリックします。

オラ太郎
ゴリ夫 この場合どういう名前にすればいいんだ?
ゴリ夫
これも別にこだわらんでええところやで!!

分かりやすく”USDJPY順張り”とか、”USDJPYサポレジ転換とか”にすればええんとちゃうかなと

次にUSDJPYにチェックを入れます。

次へをクリックします。

スタート開始日を決定にラジオボタンを入れます。

開始日にサポレジを確認した日付の約2か月前に設定します。

その後作成をクリックします。

オラ太郎
うん?ここでも日付の設定をしないといけないのか?

前に設定した日付とどう違うんだ?

ゴリ夫
これは図を見た方が分かりやすいかもしれん

赤枠が前に取り込んだForex Testerのチャート期間なんやな

今回は青のスタート地点を決める設定なんや

オラ太郎
ふ~ん

その後プロジェクトが作成されます。

 

 

 

練習スタート その前にチャート設定をする

プロジェクトの作成が終わると、自動的にチャートがスタートします。

チャート画面の設定をするため、一時停止をクリックします。

長時間足(日足)を表示させるため、チャート画面を増やします。

オラ太郎
うん?なんでチャート画面を増やすんだ??
ゴリ夫
これはマルチタイムフレーム分析をするため、日足と一時間足を表示させるんやな

まぁこの組み合わせは人によって異なるんや

週足を4時間足の人もおるし・・・

わしは日足と一時間足を表示させとる

ここでは、左側を一時間足に、右側を日足にします。

日足、一時間足の設定変更はここ切り替えられます。

切り替え後、チャート画面で右クリックをします。

チャート設定をクリックします。

MT4のチャート設定とほぼ同じようにします。

オラ太郎
MT4の設定画面に似てるな!
ゴリ夫
Forex TesterはMT4を作った人が開発チームに加わっていると言われているんや

セッティングから期間区切り線とグリッド表示のチェックを外します。

その後、OKをクリックします。

また右クリックをします。

オラ太郎
なんだよ また何かするのか??
ゴリ夫
MT4でしたチャート設定の保存を Forex Testerでもするんやな
オラ太郎
だりーな さっさと練習させろよ!!

テンプレートからテンプレートの保存をクリックします。

ここでは分かりやすい名前を付けます。

そして保存をクリックします。

こうすることで、左側で設定したチャート表示を右側でも反映することができます。

右側のチャート画面で右クリックをします。

テンプレートから先ほど設定したチャートをクリックします。

チャートが流れるスピードを変更します。

オラ太郎
スピードはどのくらいにしたらいいんだ?
ゴリ夫
早いと感じたら遅くしたらいいし、その逆もありやな

 

いよいよ練習開始!

やっとチャート設定までできました。

本当にお疲れ様です。

しかしここから本番です。

先ほど一時停止したアイコンをクリックして、チャートを走らせます。

オラ太郎
確かラインを引くのはこのあたりだったよな・・・

うん 違うか・・・

ゴリ夫
ははは やはり難しいわな

出来上がったチャートで確認しても、実際に動いているチャートをみると景色が違って見えるんやな

オラ太郎
なるほどな・・・
ゴリ夫
だからコマありの自転車で乗り方の練習をするように、出来上がったチャートで確認をしてそれからForex Testerで実際に動いているチャートでも練習してみることが大切なんやな
オラ太郎
答えを見てトレードしていてもだな

 

はじめはMT4で確認をしながら練習してみる

いきなりForex Testerを使って練習していくと、どこで買いを入れていくのかどこで売りを入れていくのかとても迷います。

そのまま練習をしていくとおそらく負け続けたり、勝ち続けたりしてもドカンと負けてしまいます。

その結果、練習そのものが楽しくなくなり練習そのものをやめてしまう場合があります。

おかもと
私の場合、何度も挫折してしまった経験があります

その為、一歩一歩階段を上るように、はじめはしっかりMT4の出来上がったチャートを見てForex Testerでエントリーポイントを確認していった方がよいと考えます。

オラ太郎
ここだよな

よいしょ ゴリ夫 MT4のようにライン引いた!!

どうだろう?

ここで出来上がったチャートと動いているチャートの景色が違うことが実感できます。

オラ太郎
トレンドが発生したな!

ここで買いエントリーだったよな?

ゴリ夫
まだまだ先やで!!

やっぱり出来上がったチャートと動いているチャートの景色は違うんやな

オラ太郎
景色ってチャート形状のことだよな
ゴリ夫
景色またはチャート形状とも言うよな

なぜチャート形状が違うのかというと・・・

オラ太郎
動いているからだろ?
ゴリ夫
確かにそうとも言える

もう一つの原因はチャートの自動縮尺なんや

オラ太郎
チャートの自動縮尺?
ゴリ夫
チャートは自動縮尺しないとチャート全体が分からんようになる

このチャートの自動縮尺についてはまた説明するわな・・・

オラ太郎
とりあえず今は練習だよな?
ゴリ夫
そうやで!!練習やで!

まずはエントリーポイントを見つけてな!

オラ太郎
ここがエントリーポイントか・・・

なんかMT4とは違うよな

ゴリ夫
その通り

まずはこの状態でロングエントリーできるようにするんやな

ゴリ夫
よし!

とりあえず注文を入れてみるで!

注文から、新規成行き注文をクリックします。

そのままBUYをクリックします。

買いエントリーをしたあと、理想の価格までポジションを保持することができるよう練習します。

オラ太郎
これって何の意味があるのか?
ゴリ夫
これは大切な練習なんや

利益を伸ばすという感覚を養うためにこういう練習をするんやな

オラ太郎
しかし相場ってこの先どうなるのか分からないだろ?

買いを入れていても売りを入れていても、結局利益が出たら薄利でもいいから決済したいよな

ゴリ夫
わしもそうやったけど、これは初心者にありがちな考え方やな

どうしても人って薄利で逃げて、含み損を抱えてしまうとそのまま保有してしまうんやな

オラ太郎
だからそういう逆をするってことか?
ゴリ夫
まぁ状況にもよるやろうけど、まずはこの利を伸ばす練習をするんやな

理想の価格まで推移したことを確認して決済をクリックします。

一通り練習したら、繰り返し練習します。

この練習を何回続けるのが理想的か?

ではこの練習を何回すればいいのかという疑問がでてきます。

当然一回だけでは、物足りないです。

それでは記憶に定着しません。

オラ太郎
何回練習したらいいんだ?
ゴリ夫
そうやな・・・

やっぱり百回ぐらいかな・・・

オラ太郎
ひゃ・・百回も??

お前冗談言うなよ!!

ゴリ夫
半分冗談やけど、一日最低2,3回はやってほしいかな

それをほぼ毎日すると記憶に定着していくんやな

人は学んだことを、時間がたちにつれて徐々に忘れてしまいます。

ゴリ夫
ここで人はどれくらいの時間で忘れてしまうんかを表にするで!!

ゴリ夫
これを復習していくとこうなるんやな

オラ太郎
なるほどな・・・

じゃ毎日この練習を続けていくよ!!

 

コラム 手法よりも環境認識が大切なんじゃないの??

インターネットのブログや書籍、最近ではYouTubeの動画などで環境認識が大切であると教えている方達がいらっしゃいます。

私もその考えに同意しています。

しかしFX初心者の方が、いきなり環境認識が大切であると教わっても戸惑います。

なぜなら環境認識をどのように鍛えていくのかが分からないからです。

そのことから環境認識を鍛えるには、一つの手法に特化していく・・・

そしてその手法をForex Testerで同じ時間帯の同じチャートで繰り返し何度も何度も練習する方が効果的だと考えます。

ゴリ夫
Forex Testerで一回や二回練習したかて、環境認識どころか手法もなかなか身につかへんと思う

10回~20回やって初めてチャートの動き方が分かるようになってくるんやな

 

この練習の問題点 エントリーポイントがなかなか見つけにくい・・・

この練習をしていくとエントリーポイントがMT4で、なかなか見当たらないという壁にぶつかります。

例えば1年または2年の間で、このようなサポレジ転換をしているとこが一か所しか見つけられない・・・

そうなってしまうと、実際にトレードするのは1年、2年のうち一つしか見つけられないとなるととても不安になったりします。

オラ太郎
う~ん

サポレジ転換しているところがなかなか見つけられないんだよな・・・

・・・ということはエントリー個所は1年や2年待たないといけないということか?

ゴリ夫
初心者のうちはエントリー個所がなかなか見つけられんもんなんやで!

初心者のうちは、1年や2年の期間で一つだけしか見つけられんくても、このトレーニングを続けていれば二つ三つとだんだん見えてくるようになるんやな

オラ太郎
・・・ということはチャートを見るという訓練が足りないからということか?
ゴリ夫
その通りやな

だから同じ時間帯のチャートで何回も見る訓練が必要なんやな

私も初心者のころ、手法を学んだあと実際にMT4のチャート画面でエントリーポイントを探していったことがあります。

しかしこのエントリーポイントが少なすぎてガッカリしたことがありました。

エントリーポイントが少なすぎてこの手法が使えないんじゃないのか・・・

そこで今回お伝えした検証方法または練習方法が活きてきます。

私はこのForex Testerを使ったトレーニングをしてから、エントリーポイントをたくさん見つけられるようになりました。

 

ここで私のオススメパソコンモニターを紹介します

私はトレード検証をしているときに使っているパソコンモニターがあります。

それはこれです!

横に長いモニタを使っていると、一画面でチャートの過去の推移が見れるのでお勧めです。

そして複数のチャートを同時に表示することもできます。


まとめ

このトレーニングは、例えていうならばコマあり自転車に乗って自転車の運転の仕方を練習する方法と似ています。

答えが分かったチャート画面を見て、それを何度も繰り返しForex Testerで練習していきます。

そしてまた、同じサポレジ転換をしているチャートを見つけてきては、それを何度も繰り返しForex Testerで練習していきます。

すると、相場の予測ができるようになる・・・つまりよく言われているトレードシナリオを組み立てられるようになります。

この練習をしてから、Forex Testerでのトレード練習または、デモトレードの練習に移行していくことができます。

つまり例えて言うならば、徐々にコマ無し自転車に乗って練習していくことになります。

この練習をできれば毎日続けていけば、1カ月後、2か月後、チャートを見るポイントが違っていくと思います。

この記事を読んでいただき参考にしていただけたら幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
約20年間、某パソコンメーカーの保守員として働いてきたノウハウを生かして、ブログで電化製品のお悩みや旅行関連の情報をお届けいたします。このブログのコンセプトは今の暮らしを一工夫でアップグレードする情報をできるだけ多くの方に知っていただきたいと思っています。
 

Copyright© おかもとさん家のライフスタイルブログ , 2020 All Rights Reserved.