2018/01/09

FXビギナーの方必見!勝ちやすいおすすめな通貨ペアの選び方

 

スポンサー

この記事を書いている人 - WRITER -
約20年間、某パソコンメーカーの保守員として働いてきたノウハウを生かして、ブログで電化製品のお悩みや旅行関連の情報をお届けいたします。このブログのコンセプトは今の暮らしを一工夫でアップグレードする情報をできるだけ多くの方に知っていただきたいと思っています。

負けやすい通貨ペアでFXのトレードをしていませんか?

通貨ペアには勝ちやすいものと負けやすいものがあります。

その選択を誤ってトレードしているとなかなか継続して利益を出し続けることは難しいです。

この記事では間違えたくない通貨ペアの選び方についてご紹介していきたいと思います。

ここではいつものゴリ夫とオラ太郎の他に、ゴリ夫の後輩のオオ太を登場させたいと思います。

オラ太郎
通貨ペアの選択って特になんでもやっていいんだろ?
ゴリ夫
何でもいいって訳じゃないで!そこは勝ちやすい通貨ペアってもんがあるんや
オオ太
だからオラ太郎先輩!FXで負けるんスよ
ゴリ夫
じゃこれから二人にFXの通貨ペアについて説明するか!
オオ太
先輩!よろしくお願いしやす!

そもそもFXの通貨ペアって何??

通貨ペアとは何の事でしょうか?

ドル、円、ユーロなど様々な通貨を2種類組み合わせたものが、通貨ペアです。

円相場のニュース等で、ドル円が110円などの言葉を一度は聞いたことがあると思います。

これは通貨ペアの価格のことを言っています。

つまり1ドル110円の価格で推移しているということになります。

オラ太郎
海外旅行に行くとき通貨を両替したことがあるけど、それと同じことをしているということか
ゴリ夫
まぁそういうことやな
オオ太
オラ太郎先輩が海外旅行に行くとは!

タンザニアか赤道ギニアに行かれたんですか?

ゴリ夫
なんでお前アフリカばかりやねん!

通貨ペアの仕組みを理解しよう

通貨ペアには主軸通貨と決済通貨が組み合わさっています。ドル円の場合は主軸通貨がドルで、決済通貨が円になります。

ドル円を買う場合、決済通貨の円でドルを買うと言うことになります。

FXで取り扱う通貨ペアは下記のような表記になります。

英語 日本語 英語 日本語
USD/JPY 米ドル/日本円 EUR/JPY ユーロ/日本円
EUR/USD ユーロ/米ドル GBP/JPY 英ポンド/日本円
GBP/USD 英ポンド/米ドル AUD/JPY 豪ドル/日本円
USD/CHF 米ドル/スイスフラン ZAR/JPY 南アフリカ/日本円
USD/CAD 米ドル/カナダドル TRY/JPY トルコリラ/日本円

表記の順番は世界基準で統一されています。

左側の米ドルが絡む通貨ペアがドルストレート(ドルスト)と呼びます。

右側のように円が絡む通貨をクロス円と呼びます。

クロス円の場合、米ドルがかかわっていないように思われるかもしれません。

しかし英ポンド日本円やユーロ日本円の場合は直接取引されず、国際通貨のドルを介して取引されます。

勝てない原因はマイナー通貨でトレードしている可能性がある

オラ太郎
こういう投機ものって人と違うことしないと勝てないだろ?つまりマイナーな通貨で取引しないと勝ちにくいんじゃねーのか?

オラ太郎のようにマイナー通貨で取引している方は多いです。

ドル円やユーロドルはとてもメジャーなので、逆にマイナーな通貨ペアの方が勝ちやすいのではと考えてしまうからだと思われます。

またマイナー通貨の場合は金利が非常に高く、特に南アフリカのランド円やトルコリラはスワップポイント狙いで日本人にとても人気があります。

しかしランド円やトルコリラ円の場合、突発的な動きをしてしまうデメリットがあります。

それは市場規模がドル円と比べると圧倒的に少ないからです。

日本人にとても人気があると言われる、悪魔の通貨ペアで有名な英ポンド円の場合も同じことが言えます。

突発的な動きについていけず、値動きの予想が立てにくいためマイナー通貨を保有して資金を失ってしまったという人は大勢いらっしゃいます。

FXで勝ちやすいおすすめな通貨ペアの選び方とは?

ではドル円のようにメジャーな通貨ペアを選択してトレードすべきなのでしょうか?

その通りです。

初心者ほどドル円やユーロドルのような流通量の多い、通貨ペアを選択してトレードする方が良いです。

その理由として挙げられるのが、取引されている通貨ペアなほどテクニカル分析がしやすいからです。

なぜメジャーな通貨ペアの方がテクニカル分析がしやすいのか?

この話を理解するためには為替取引量を頭に入れておく必要があります。

この話を理解しないとFXで稼ぐことは難しくなります。

オラ太郎
手法とかを学ばないと勝てないんじゃないのか?
ゴリ夫
確かに手法を学ばないと勝てないと思い込んでいる人は多いんや

しかしFXは手法だけで勝てていけるほど甘くはないで!

話を為替取引量に戻しまして、それでは為替取引量は1日どれぐらいあると思いますでしょうか?

オラ太郎
1億円ぐらいじゃないのか?

オラ太郎は1億円と答えましたが、正解は・・・

1ドル100円とすれば一日500兆円以上動くと言われています

オラ太郎
えっ!一日500兆円以上??

因みにアメリカNASDAQ市場が年間13兆円以上で東京証券取引所での年間取引量は3兆円以上と言われていることから為替取引量は圧倒的です。

そのうちFXのような投機以外の取引量はいくらあるのでしょうか?

因みに平成28年度の日本の輸出総額と輸入総額を表にまとめてみました。

輸出総額 70兆358億円
輸入総額 66兆420億円

出典:財務省貿易統計より
URL:http://www.customs.go.jp/toukei/info/

上記の表は年間取引です。

為替取引が一日500兆円と比べると、どう考えてもおかしい数字にしかなりません。

為替取引のほとんどが投機取引である

為替取引のほとんどは投機取引によるものです。

為替市場にはインターバンクや証券会社、保険会社、凄腕個人トレーダーなど様々なプレーヤーが存在していると言われています。

こういうプレーヤーと我々のような個人トレーダーは戦っていかなくてはいけません。

オラ太郎
だから素人はコテンパンにやられるわけだ・・・
ゴリ夫
でもFXは正しく学習していけば勝てるようになる世界でもあるで!

為替ならではの投機取引の特徴を理解する

では投機取引の特徴も理解しておかないとFXで勝つことは難しくなります。

為替取引の特徴はポジションをとったとき、ポジションを決済する場合は必ず反対売買をしなければいけません。

つまり買いポジションをとったあと、必ず売りポジションで決済しないといけないルールがあります。

価格は決済すれば元に戻るということを考えると、為替取引にはある価格帯に水平線が引けるところが出現します。

下記の図をご覧ください。

メジャー通貨の英ポンド米ドルの日足チャートに、テクニカル分析で使用する水平線を引いてみました。

水平ラインが意識されて機能しています。

先ほど解説したように、通貨の取引で一番多いとされるのは投機によるものです。

価格帯は元に戻るということを考えると、為替取引の場合はテクニカル分析ができる場合があると言えると思います。
注意!!※もちろん中央銀行の為替介入や要人発言など、様々な要因で価格が戻らない場合もあります。

水平線やトレンドラインが引ける通貨ペアの特徴とは?

FX初心者なほどマイナーな通貨ペアを選択しがちになります。

私の経験では悪魔の通貨ペアと言われるポンド円はボラティリティが大きいので、初心者にとても人気があります。

通貨は基本的に元の価格帯に戻ることを考えてみると、ちょっとした投機筋の大きな資金が入ってしまえば値が荒れてしまい価格は元に戻らず、水平線やトレンドラインがなかなか機能しない場面が多いです。

しかし流通量が多い通貨ペアなほど、投機筋の大きなポジションが入ったとしてもそれほど影響せず、値が荒れにくいです。

その為、流通量の多い通貨ペアなほど水平線やトレンドラインが機能しやすいです。

ゴリラ夫
流通量が少ない通貨ペアを選択してトレードしてしまうことはなかなかテクニカル分析がしにくい なのでギャンブルでトレードしていること変わらないと言えるんやで

流通量の多い通貨ペアとは?

オラ太郎
流通量が多い通貨ペアを選ぶってあるけど一体何を選んだらいいの?
ゴリラ夫
下記の表を見てみて

この表は為替の取引量の割合を表にしたものです。

EUR/USD 23.1%
USD/JPY 17.8%
GBP/USD 9.3%
AUD/USD 5.2%
USD/CAD 4.3%
EUR/JPY 1.6%

引用 国際決済銀行

一位がユーロ米ドルで、二位が米ドル日本円になります。

ゴリラ夫
流通量が多いということは、それだけテクニカル分析がしやすく勝ちやすいということやな

専業トレーダーと言われている人はどういうトレードしているのか?

私おかもとの知り合いトレーダーさんの多くは、主に決まった通貨ペアでしかトレードしていません。

中にはドル円しかトレードしない人もいるぐらいです。

やみくもに通貨ペアを選択してエントリーチャンスがあればエントリーしていくと必ずと言っていいほど負けてしまいます。

自分が得意てしている通貨ペアを見つけてその通貨ペアの値動きを追っていく。

そうすることでFXは勝ちやすくなると言えます。

ゴリラ夫
自分が勝てる通貨ペアしかやらないということやな

水平線やトレンドラインを引いてトレードするには練習が必要

しかし水平線やトレンドラインを引いてトレードするには練習が必要です。

正しく練習さえすればトレードで勝てていくことができます。

オラ太郎
トレードするにも練習が必要だということか
ゴリラ夫
トレードの練習をせずにいきなりトレードしてしまうとほぼ確実に負けてしまうんや

それこそギャンブルでトレードしていること変わらないと言えるんやで

まとめ

いかがでしたでしょうか?

通貨ペアはメジャーな通貨ペアなほどトレードしやすいと言えます。

逆を言えば、マイナーな通貨ペアを選択してトレードしていくと言ことは、それだけテクニカル分析がしにくくギャンブルトレードに近くなるということです。

ゴリラ夫
まぁわしも昔はランド円やトルコリラ円でようトレードしよった

そしたら大損失を被った苦い経験もあるで

オラ太郎
FXは多少なりとも損失を経験しておいた方がいいと聞くけど・・・

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

オットー・ビスマルク

ゴリラ夫
この言葉のように、わしの苦い経験を教えた方が二人とも損せんでええやろ!

どや!わしエエ言葉知っているやろ!

オオ太
先ほど先輩がスマホで調べた言葉ですよね?
ゴリラ夫
お前!するどいのう!
この記事を書いている人 - WRITER -
約20年間、某パソコンメーカーの保守員として働いてきたノウハウを生かして、ブログで電化製品のお悩みや旅行関連の情報をお届けいたします。このブログのコンセプトは今の暮らしを一工夫でアップグレードする情報をできるだけ多くの方に知っていただきたいと思っています。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おかもとさん家のライフスタイルブログ , 2017 All Rights Reserved.